総務グループ

事務局長 松延 裕介
財政局長 磯崎 友一

「内助之功~みんなのback seat player~」
内助之助とは、「縁の下の力持ち」で「影となって支えること、またはそうする人」を意味します。皆様改めまして、今年度総務グループ事務局長を務めさせていただきます、松延 裕介です。どうぞ宜しくお願い致します。
令和という新しい年号を経て新たな1年を踏出す2020年を迎えるにあたり、会の根幹を担う総務グループでは、今一度メンバー全員が Jaycee として我々の所属する草加青年会議所を理解し、向き合うため、皆様が分からない事を迅速に調べ情報提供していきます。また各方面への連絡調整や渉外等を行い、当会議所がこれまで築き上げてきた基盤を2020年度も滞ることなく引き継いで参ります。
組織内において様々な委員会や議会が存在しますが、会の垣根を越えて、共に手を取り合い、皆様の展開する運動内容に対しての「潤滑油」になることが出来れば幸いで御座います。一年間を通して皆様の事を陰でしっかりと支えるとともに、諸運動を通して皆様と達成感と喜びを共感させていただきたいと願っております。
結びに、2020年の総務グループは「内助之功~みんなのback seat player~」の言葉を今年度のテーマとし、皆様の「縁の下の力持ち」に徹すること、すなわち今一度皆様が 「市民の声なき声を聴ける」JC運動を行いやすい環境づくりに貢献出来るよう邁進致します。
理事長の掲げる所信内容にもありますように、誰かと共に成功する夢を見るために、常に手を繋いだ「運動」を意識し発信し続けていくために、そして青年会議所の背中から過去を学び、輝く未来へ歩き出すために皆様が円滑に突き進む事が出来るよう、我々総務グループは存在するのです。我々の「陰」支えがあり、皆様の「光」ある運動内容がより良いものになると信じております。
共に愛する地域のために全力で向き合い、実りある時間を共有しましょう。どうぞ一年間宜しくお願い致します。

グループメンバー

  • 副専務 乾 裕貴
  • 力石 敏明
  • 平井 亮太

グループ事業計画

  • 総会の設営
  • アジェンダシステムの導入・運用
  • 草加らしいクールビズツールの作成
  • 例会・事業の企画運営
  • 関係官庁への書類提出・連絡調整窓口
  • 各諸会議議事録・報告書等の文章作成
  • 財務管理
  • HPの管理・掲載
  • 定款・諸規定の見直し
  • 開発の発行
  • 日本JC、関東地区、埼玉ブロックとの連携
  • 関係諸団体との連携
  • 各委員会との連携
  • ポケットブックの作成
  • 専務理事との連携・補佐